失神の治療

知っているから笑顔になれる

反射性失神(血管迷走神経性失神)の治療

主に生活習慣の改善やトレーニング治療などによる治療を行います。

生活習慣の改善(クラスⅠ)

睡眠不足や運動不足を避けること、水分を十分に摂ること、過度の減量をしないこと、アルコールが原因になる場合はアルコールを控えること、降圧薬(血圧を下げる薬)を飲み過ぎないことなどに注意します。また、なぜ失神してしまうかを患者さんに理解してもらうことも大切な治療の一つです。

失神回避法(クラスⅠ)

失神の前ぶれ(失神前駆症状)を感じた際、すぐに座ったり横になったりすれば、転倒や怪我を回避できることがあります。また、下図の体位や運動で、瞬時に血圧を上昇させて失神発作を予防することができます。

失神回避法
失神回避法

起立調節訓練法(チルトトレーニング、クラスⅡa)

患者さんが自宅の壁などを使って自分で行うことができる簡単な治療法です。踵を壁から15〜20cm程度離し、お尻と背中を壁につけ、下半身を動かさない状態で立ち、それを30分間キープします。訓練開始時はこれを1日2回行い、問題なく立てるようになれば、その後は1日1回、毎日行うことで、失神の再発を予防することができます。血管迷走神経性失神の再発予防において、非常に高い治療効果が期待されます。

血管迷走神経性失神の殆どは、生活指導と起立調節訓練法で完治することができます。失神時に長い心停止がある場合は、心停止の原因が血管迷走神経性失神によることがあり、その際は生活指導や起立調節訓練法のみで完治します。安易にペースメーカ治療を行なわないことが大事です。

起立調節訓練法(チルトトレーニング)

起立性低血圧の治療

生活習慣の改善や薬物治療を行います。

生活習慣の改善(クラスⅠ)

睡眠不足や運動不足を避けること、水分を十分に摂ること、過度の減量をしないこと、アルコールが原因になる場合はアルコールを控えること、降圧薬(血圧を下げる薬)を飲み過ぎないことなどに注意します。
また、なぜ失神してしまうかを理解するのも治療の一つです。

塩分負荷(クラスⅡa)

ナトリウム入りのサプリメントや電解質の多い飲料を取って食塩摂取を増やすことで、血圧を上げ、低血圧を改善します。

薬物治療(昇圧薬、クラスⅡa)

血圧を上げる薬を用いて低血圧を改善します。

心原性失神の治療

原疾患の治療を行うことが重要です。

徐脈性不整脈が原因

必要に応じて、心臓植込み型ペースメーカによる治療が選択されます。

頻脈性不整脈が原因

薬物治療の他に、カテーテルアブレーション治療、必要があればICD(植込み型除細動器)が有効な手段になります。

器質的心疾患が原因

それぞれの治療手順にしたがって治療がすすめられます。

心臓の病気による失神の治療

医療従事者のみなさまへ

ここから先は医療従事者向けサイトとなります。
医療従事者の方は「はい」を選んでお進みください。

一般の方は、「いいえ」をクリックすると
失神.jpのトップに戻ることができます。