どう治療するの?

知っているから笑顔になれる

自律神経性の失神の治療

主に生活習慣の改善やトレーニング、お薬などによる治療を行います。

生活習慣の改善

睡眠不足や運動不足を避けること、水分を十分に摂ること、過度の減量をしないこと、アルコールが原因になる場合はアルコールを控えること、降圧薬(血圧を下げる薬)を飲み過ぎないことなどに注意します。また、なぜ失神してしまうかを理解するのも治療の一つです。

失神回避法

失神の前ぶれを感じたらすぐに座ったり横になれば、転倒や怪我を回避できることがあります。また、下図の体位や運動で、血圧を上昇させて失神を遅らせたり防いだりすることができます。

失神回避法
失神回避法

起立調節訓練法(チルトトレーニング)

壁に背中を密着させて、かかとを壁から約15cm程離すことで、その人に合った負荷が自然とかかります。そのまま壁にもたれかかった状態で30分間維持します。1日1回から2回、毎日続けることを目標とします。トレーニング中に気分が悪くなったり、動悸やめまいを感じたときはその時点で中止し、症状などを担当医師に報告してください。チルトトレーニングを繰り返すうちに、血管の抵抗があがって収縮しやすくなり、その結果、失神が起こりにくくなっていきます。

起立調節訓練法(チルトトレーニング)